ヌドクビアブ / Nudokubiabu

ヌドクビアブ(伊良部島)

宮古諸島・伊良部島にある史跡。ヌドクビは「喉首」、アブは「縦穴」を意味する方言で、琉球石灰岩でできた深さ22mの洞穴です。戦時中には日本軍の防空壕として使われた形跡があり、洞穴の奥にはカマドの跡が残されています。

A historic site on Irabu Island of Miyako Islands. Nudokubi is a dialect meaning
“throat” and Abu is a dialect meaning “vertical hole.” It is a 22 m-deep cave made of Ryukyu limestone. It was used as a bomb shelter for the Japanese army during
the war, and the remains of kitchen facilities are left behind in the cave.

Irabu Island
photo by Kenichiro Akamine(NO MARK Inc.)

名称ヌドクビアブ
住所沖縄県宮古島市伊良部池間添1229

沖縄の毎日を旅する「OKINAWA365」

okinawa365image

好評発売中!
沖縄のWEB屋が作った写真集
「OKINAWA 365」

沖縄愛をふんだんに詰めこんだ究極の写真集。
県内出身・在住のメンバーだからこそ知る
ディープなネタを集めました。

関連記事

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 年中満喫!沖縄のBBQスポット12選

  2. リピーター続出!沖縄のイルミネーション5選

  3. 現役ママ推し!お子さんも大満足「充実の公園」10選

  1. 現役ママ推し!お子さんも大満足「充実の公園」10選

  2. 夏本番!絶対行っておきたい沖縄のまつり特集

  3. やっぱり沖縄って最高!おすすめビーチ特集

アーカイブ